1. TOP
  2. 製品紹介
  3. 金銀インキ

金銀インキ

女神インキは業界の中でもかなり早い段階からメタリック系のインキに注力してきました。特に高付加価値パッケージ用途に、高輝性だけでなく、高い印刷適性も追求して現在に至っております。金・銀メタリックインキについては、最新の印刷機に最適な油性オフセット、UVオフセット、省電力UVオフセット、UVフレキソ、水性フレキソなど、それぞれのメタリックインキを用意しています。

油性メタリックインキ

高光輝性の金

光輝性や色再現性を追求し、またコート紙または非コート紙の両方で高い印刷適性を達成しました。本製品は国内および海外市場で高い評価を得ています。

HighBrilliance.png 顔料粒子サイズ 金 4-6μ / 銀 6-8μ
顔料の形状が反射を拡散するように、印刷表面に浮き出てきて、輝きを強める状態になります。ただし、顔料粒子がリーフィングするため、ニスなどの上刷り適性はありません

グロスと耐摩擦性の金銀

このタイプはグロス、耐摩擦性、上刷り適性に優れています。

HighGloss1.png 顔料粒子サイズ 金 3-5μ / 銀 4-5μ
リーフィングしにくいので、上刷り適正がでてきます。薄いワニス層は、光沢のある外観と耐摩擦性を作り出します。



ノンリーフィングシルバー

ノンリーフシルバーは、魅力的で斬新なデザインを作成するために使われます。上刷り適性に優れています。また、ノンリーフィングシルバーと他の色インキと調色することにより、印刷後経時的に黒ずんで変色しない、明るく鮮明な色彩のメタリックカラーを作ることができます。

HighGloss2.png顔料粒子サイズ 銀 4-5μ
(1) 上刷りした場合、アンカーのNLシルバーへのインキ密着は良好です。
(2) NLシルバーは、他の色インキ顔料との混合が容易なので、安定的な色調が可能です。そのためパステル調や着色シルバー作成が可能です

UVメタリックインキ

UVメタリックインキは、UV FAシリーズのプロセスカラー、特色と並んで、薄紙、厚紙、および表面処理済プラスチック原反に適用可能な、ハイエンドパッケージ用途のインキです。 * プラスチック原反を使用の場合、事前に密着テストをお願いいたします。

LED UV、高感度UV メタリックインキ

省電力UVインキ、プロセスカラー、スポットカラー、OPニス(マット、光沢、サテン)以外に、金銀のフルラインアップをそろえています。

UVフレキソメタリックインキ、水性フレキソメタリックインキ

コーター方式 コーターの特徴
ロールコーター 厚盛り印刷するには、ベタ領域にムラが出やすく、インキが均一に供給されにくい。
チャンバーコーター 塗膜の厚さは均一であり、インキ(ニス)が非常に良好に転移させます。
ブランケット
(ロールコーター)
インキ密着が不均等で、縮緬(ちりめん)状の斑が出やすいですが、その風合いがデザインとして好まれる場合もあります。
樹脂プレート
(チャンバーコーター)
常にインキを均一に転移させやすい。
COATER01.png COATER02.png

UVフレキソ印刷メタリックインキ: Pale, Rich shade and Silver.

高輝性は、グラビア印刷と同程度に高い。しかし石油系溶剤を使わないので、ラベル、ステッカー、パッケージ用途の環境配慮型印刷を、溶剤系グラビア印刷に替わって、実現することができます。

水性フレキソ印刷メタリックインキ: Pale and Rich Gold.

溶剤を使用していないため、非常に環境に優しいメタリックインキです。簡単に洗い流すことができ、またトルエンの臭いがしないため、作業環境の改善に貢献しています。 これは、フレキソ印刷機に加えて、オフセット印刷機のインラインコーターにも適用可能です。オフセット印刷機のインラインコーターについては、インキ転移性およびレベリングの均一の観点から、アニロックスローラシステムを装着したチャンバーコータが推奨されます。